物件を購入

杉並区で中古マンションを購入するのであれば、不動産会社選びが非常に重要です。こちらの不動産会社はサービスが行き届いているのでおすすめです。

所有している建物の管理はなかなか手間がかかるものです。空き家は管理の専門会社に依頼するのが最適ですよ。まずはこちらを要チェックです!

2種類の中古ワンルームマンションを理解しよう

不動産投資で人気の中古ワンルームマンションには大きく分けて2つのタイプがあります。1つはバブル期に盛んに建設されたものであり、バブル期物件と呼ばれています。現在では築30年くらいになるものがこのタイプにあたります。もう1つは比較的最近に作られたもので、築浅物件と呼ばれています。築年数が10年以内のものがこのタイプにあたります。両社は中古ワンルームマンションという範囲で括られますが、その内容はかなり異なってきます。バブル期物件の特徴は利回りが6%から8%程度で、床面積が15平米から18平米、バス、トイレ、洗面所が一緒となっています。これは、バブル期は人口も増加傾向にあり、不動産価格も上昇、とにかく住む場所を作る必要があり、快適性は二の次だったからです。

長期保有を前提としているなら築浅物件を買おう

一方で築浅物件はバブル物件よりも少し広い作りとなっており、床面積でいえば20平米から25平米くらいあります。バスとトイレは独立しており、エアコンやインターホンなどが完備されています。また、オートロック、宅配ボックスなども設置されている物件が多く、快適性を重視した造りとなっています。利回りは4%から6%程度のものが多いです。今後は築浅物件のような仕様が増えていくものと考えられます。不動産投資をするにしても築浅物件の方が人気があります。バブル期物件は保有よりも売却目的で買われることが多く、ちょっとした値上がりでキャピタルゲインを狙い、売却する不動産投資家が少なからずいます。これは売却して手放さないと修繕費が嵩んでくるためです。一方で築浅物件の場合には売却よりも長期保有を前提としている人が多いです。

新しい環境での生活をしたいという場合に相談してみませんか。名東区の不動産はここにあります。希望に合わせて絞り込むことができますよ。

不動産の売却をする

インフレーションに対応した資産を持つことで物価上昇を切り抜けることができます。マンションなどの購入と売却を繰り返すことによって資産を確実に増やしていくことができます。

神奈川で不動産の売却を考えているならどうぞ!|フドーセル!

Read More

ネットで行なう

不動産売却は專門店舗で行なう他にもインターネットで行なうこともできます。不動産売却をするときは比較サイトを見て複数の業者へ相談することで、より高く売却することができます。

Read More

マンション物件

現在は新しい建物が増えてきており様々な形のものが存在していますが、その中にはタワーマンションもあります。基本的に立地の良い場所に建てられているため、快適な生活を送ることができます。年々技術が高まっていることからこうしたマンションが増えてきました。

Read More

住宅を購入する

一戸建て住宅には分譲住宅と注文住宅があります。分譲住宅ではモデルルームもあるのでそれを見てから物件購入を検討することができます。家は長い付き合いになるので将来のことも考えて住宅を決めることが大切です。

Read More

外観重視

デザイン重視であるデザイナーズマンションが人気を呼んでおり、デザインを決めることができることから他のマンションより価格が高い傾向にあります。外観重視をすることでマンションの雰囲気を大きく変えることができます。

Read More