住宅を購入する

理想の家の形を求める

一戸建て住宅には主に2種類があります。分譲住宅と注文住宅です。分譲住宅は、不動産会社などが設計した出来合いの建物を購入するスタイルであり、注文住宅は、ユーザーが希望する内容を業者が設計の上納品するスタイルです。分譲住宅は、モデルルームなどが用意されていることもあり、完成時のイメージをユーザーも理解しやすく、建設にあたっての価格細かい点などを建設業者に一任することができる為、ユーザーの負担は非常に小さいのが特徴です。一方、注文住宅は、ユーザーが理想とする家を業者と共に創ることができ、世界に一軒だけの一戸建て住宅を建設することができます。マンションやアパートではサイズの制約上、注文住宅の様なスタイルを取ることは非常に難しく、分譲が基本となっておりますが、一戸建ての場合は敷地の上のデザインは法律の範囲内でユーザーが自由に設計することができることが大きな特徴です。

居住形態の変化に柔軟な一戸建て

現在は、核家族はもとより二世帯住宅やシェアハウスと様々な居住スタイルが出てきております。それに合わせて、必要となる家の形も大きく変わってきます。もちろん、一度建設をしたら長い付き合いとなりますので、将来の家族構成の変化にも柔軟に対応できるように、リフォームを前提とした一戸建ても増えてきております。このような家族構成の変化に対する柔軟性も、一戸建てではマンションやアパートよりも優れています。また、自然環境に優しい住宅づくりも昨今ではトレンドとなっており、太陽光発電をはじめ、エコを意識した家づくりをやりやすいのも、一戸建てです。注文住宅ではエコに対する貢献度も建設時から考慮してつくることができます。