電話代行をプロに依頼【気軽に対応してもらえちゃう】

通販の利益を追求しよう

男女

利用者が快適に買い物する

通信販売は、利用者が店舗に直接行かなくても、家でコンピューターやスマートフォンを通して買い物が出来るという手軽さを実現しています。しかし通信販売では、何か困った時に相談に乗り、利用者に商品を宣伝する接客者の存在がありません。そこでウェブ接客を導入すれば、擬似的な接客を可能にし、売上を更に伸ばすことが出来るようになります。ウェブ接客とは実際の接客のように、サイトを見ている相手に広告を出すことや、相談用の電話番号を送るサービスです。例えば同じページでずっと止まっている相手に対し、お困りですか、とポップアップを送れば、チャットで相談ができます。また年齢層や性別毎に出す広告を別で設定しておけば、それぞれの利用者に適した宣伝が出来ます。ウェブ接客は、データを正確に管理できる点で実際の接客よりも優秀になり得ます。会員登録制の通信販売サイトでは、ユーザーの閲覧履歴や購入履歴が把握出来るので、例えば少し前にスカートを品定めしていたユーザーには、新作のスカートが入荷したことを伝えればよりユーザーのニーズに合わせた宣伝になります。このように優秀なウェブ接客ツールですが、導入は非常に簡単です。有料で販売されているツールもありますが、中には無料で配布されているウェブ接客ツールもあり、広告費にお金を割く余裕のない企業や店舗でも導入することが出来ます。オペレーターとして採用している人材を対応に回せば良いので、新たに人件費がかかる訳でもなく、導入して損はありません。

オススメ記事

ヘッドセット

メリットと選ぶ時の基準

CTI技術を使って、顧客からの問い合わせやクレームを、コンピュータを見ながら対応していくことを、コールセンターシステムといいます。そして、その導入により、オペレーターの負担の軽減やコストの削減が図れます。

男女

通販の利益を追求しよう

ウェブ接客とは、利用者のデータを参照しながら適した広告やヘルプを出す事の出来るサービスです。あたかも実際に接客をしているように通販が使えることで、売り上げに大きく影響します。導入自体は簡単で、無料のツールを使えば費用は全くかかりません。